WiFiやプロジェクタもあります!都内で人気の貸し会議室とは

貸し会議室について、その概要や利用・活用法、都内の人気会議室を紹介するサイト

貸し会議室の利用方法やさらに広がる活用方法

この記事をシェアする

貸し会議室の利用方法、申し込みから紹介

概ね、下記の流れで進んでいきます。

(1)利用する場所を選ぶ。
会議や集会、趣味の活動、何人集まるのか、何処から来るのか、そういった目的や利用人数・時間をある程度決めた上で、そのニーズに合った会議室を地域から探すのが良いでしょう。

(2)問い合わせ
空いてなければ使えませんので、まずは問い合わせを。
公式サイトを開きつつ電話を掛けると、説明も分かりやすいです。

(3)仮予約
大きい会場ほど空きづらいものなので、仮予約(仮押さえ)は必ずしましょう。

(4)本予約
仮予約期間までに本予約を確定させましょう。
キャンセルの場合も必ず連絡を。
期間を過ぎると自動キャンセルになる事も多いですが、他利用者のためにもキャンセルと決まったら早めに連絡してあげるのがマナーです。

(5)支払い
クレジットや現金で利用料金を支払います。

(6)利用開始!
支払い後のキャンセル・返金はできない場合がほとんどなのでご注意を。

貸し会議室の、会議以外の活用パターン

(1)社内会議を外でやる
現在は社屋も節約・省スペース傾向。
その為、外で会議ができるならと、始めから会議室を持たない(あるいはビルの一室などがオフィスの為、会議室を設ける余裕が無い)会社は、貸し会議室を使う事が増えていて、気分転換等の副次効果も生んでいます。
喫茶店等で行うよりは機密性が確保でき、ネット環境なども整っている貸し会議室への需要は更に高まっています。

(2)イベントやパーティーに使う
貸し会議室を設けている会社は、会議からその後のパーティーまで自社の貸し会議室で行ってもらう事を企図して、会食を提供できるシステムを確立している事が多いです。
それを利用して、「会議」ではなく、そもそも最初からイベントや婚活パーティー等に利用している人たちも多くいます。

(3)趣味の活動
サークル活動やクラブ活動等への貸し出しも活発化。
映像系の趣味だと音響設備の整っている会議室はそのまま活用できる強みがあります。