WiFiやプロジェクタもあります!都内で人気の貸し会議室とは

貸し会議室について、その概要や利用・活用法、都内の人気会議室を紹介するサイト

都内の貸し会議室の概要、利用方法、各社紹介

この記事をシェアする

貸し会議室の概要

貸し会議室とは、その名の通り、会議や打ち合わせをするためのスペースを、一定時間・一定金額で提供するサービスの事を指します。
使い方としては会議や打ち合わせだけでなく、説明会、株主総会、趣味の発表会やクラブ活動、サークル活動等々多岐に渡っています。
オーソドックスな料金体系としては「1時間何円」という形での提供スタイルですが、もっと短く使う事もできますし、逆に「午前中」「午後」という枠、更に「数日間」「一週間」という長期に渡る利用も、施設によっては可能です。
基本的には一定の料金が利用時間・期間に応じて加算されていきますが、借りる期間が長いほど、時間当たりの料金が抑えられるスタイルもあります。
大きい枠の会議室ほど、料金は高くなると考えてよいでしょう。
貸出主の立場としては、民間と役所(公民館や市民ホール等)の2種に大別でき、後者の方が安めです。

貸し会議室を使うメリット

さて、貸し会議室を使う事で、得られるメリットとは?

(1)開催する場所に自由度を与えられる
規模にもよりますが、自社会議室に来てもらうよりも、駅に近い貸し会議室を使った方が、参加者にとって楽な場合があります。
多少料金を支払っても、参加者の自由度を下げたくない、負担を減らしたいという希望には、対応しやすいのが利点です。

(2)必要な機材や設備が事前に用意されている
会議や集会に強い会議室は、プロジェクタやマイク等の音響設備、椅子やテーブル等が備え付けの場合が多いです。
これは改めて自社で買い直すコストを下げ負担を減らし、自社備品を使いまわす事無くホスピタリティを高められる点から、魅力的ですね。

(3)維持費が安い
貸し手にとってのメリットはコレです。
長く続く不景気。
会議用の土地やビルを建てるのはリスキーな時代。
そんな人たちにとって、貸し会議室というのはコストやリスクを抑えられる魅力的な商材と言えます。